おかや木芸|出雲黒柿と栗工芸




HOME


おかや木芸は島根県出雲地方で、毎日の暮らしを豊かにするものづくりを目指し、家具や木工品を手づくりしています。素材は国産の黒柿、栗、けやき、本桜、ならを用います。自分たちの目で見て、選び抜いた「安心・安全」の国産天然木です。伝統的な技術を引継ぎながら、日本の風土や現代の暮らしに合うものづくりをご提案します。

■お知らせ
【出雲】7月2日(日)〜17日(月)
おかやギャラリーにて 「夏越の會」

【出雲】7月22日(土)〜30日(日)
ami-arm 後藤ミツエ 藍染めニット展
後藤先生を囲んでティータイム 7/22(土)、23(日)14時から

【京都】8月30日(水)〜9月4日(月)
京都髙島屋 日本の伝統展

【出雲】8月5日(土)〜11日(日)
竹原功樹 大正ガラス作品展
竹原先生を囲んでティータイム 8/5(土)、6(日)14時から







 おかや木芸では、材木管理をはじめ、乾燥やデザイン、木工、塗装まで一貫した制作を行います。製材を終えた板を時間をかけて天然乾燥させ、職人がひとつひとつ丁寧に仕上げます。日本で育った木材は、日本の風土に対する耐性を持ちます。おかや木芸は、世代をこえて永く愛されるものづくりを続けてまいります。


黒柿の魅力・性質について

  • 稀少の銘木・黒柿。
  • 黒柿の美しさ、黒柿と日本文化のつながりなどについてご紹介します。

















栗のテーブル・パンフレット
ご希望の方はお問い合わせよりどうぞ。


漆の塗り直しについて