スプーンなどの塗り直しについて|アフターケア|おかや木芸




HOME > おかや木芸の作品 > スプーンなどの塗り直しについて

漆塗りスプーン(けやき、栗、黒柿)の塗り直しについて


漆器は、修理したり、塗り直しをすることで、一生使える道具です。
土台となる木地の部分は丈夫ですが、使ううちに漆の塗膜はだんだんと薄くなります。
木地の部分がでてきても、問題はないのですが、漆の塗り直しをすることで、新品同
様に戻ります。また、塗り直しをすることで、木地の深部まで漆がしみ込み、より堅牢
になります。


漆の塗り直しは、おかや木芸のスプーンのみに限らせていただいております。
昨今、木製スプーンは、樹脂製のものや、木製でも漆仕上げ以外のものが多数ありま
す。どのような手法で塗装がされているのかわからないものもありますので、修理を
される場合は、作った工房に依頼をされることをおすすめします。


漆の塗り直しは、1本から承っております。


【手順】
1、お電話、FAX、メールにてご一報ください。
スプーンの種類で料金が異なりますので、
ご連絡いただいた
TEL:0853-72-0538
FAX:0853-72-9127
E-mail:craft@okaya.ne.jp

2、おかや木芸へ郵送(送料はご負担をお願いします)
念のため、電話番号の記載をお願いします。
損傷が激しく修理ができない場合は、ご連絡させていただきます。

送付先
〒699-0631
島根県出雲市斐川町直江4844-1
おかや木芸宛

3、商品お預かり(2~3週間)
※まず、漆をすべて落として、磨き直します。
この段階で、小さな傷も一緒に直します。
その後、漆塗りを行います。


4、商品と振込用紙を送付