1806夏の匠展 青森 宮本工芸 × 新潟 小千谷縮 水田




HOME > おかやギャラリー企画 > 1806夏の匠展

夏の匠展 青森 宮本工芸 × 新潟 小千谷縮 水田 
6月16日(土)〜24日(日)
於 おかやギャラリー
青森 宮本工芸
 縄文遺跡からも出土する「山ぶどう」や「あけび」の工芸品は、土地の人々が親から子、子から孫へと伝承してきた技術や技法によって東北地方に受け継がれてきたものです。大正9年創業の宮本工芸は、自家消費中心であった「民芸品」の籠に着目し、洗練されたデザインの工芸作品に進化させました。お洒落なバックはもとより、涼やかなざる、築地の寿司店の店主が愛用する市場かごなど魅了あふれる作品を是非、ご覧下さい。

新潟 小千谷縮 水田
小千谷縮(おぢやちぢみ)は新潟県小千谷市周辺を発祥とする苧麻(ちょま・ラミー)を使った最高級の麻織物です。平安時代から1200年の歴史ある織物産地で作られ、江戸中期に越後上布を更に技術改良した麻織物の最高峰です。2009年にはユネスコ世界無形文化遺産登録と国際的にも大きな評価を受けています。株式会社水田は伝統工芸にとどまらず、ファッション、インテリアに領域を広げ、年々ファンが広がっています。

☆ 初日(6/16)は小千谷より(株)水田の金箱洋氏をお招きし、素材や作品についてご説明していただきます。
また、午後2:00-2:30には
ティータイム&トーク「小千谷縮の夏、その魅力」を予定しております。(参加費無料)
お問合せ、ご予約 0853-72-0538

スクリーンショット(2018-05-26 16.16.19).png










ショップ&ギャラリー
住所:島根県出雲市斐川町直江4844-1
営業時間:10:00〜18:30
定休日:10/1、年末年始
駐車場:約30台



栗乃舎(くりのや)
築約150年の古民家を改装し、ギャラリーやイベントスペースとして再利用しています。
通常は住居スペースであるため、イベントがある場合にのみ、開けております。