kurinoya私たちについて

家族の絆を深めるくつろぎの場所

栗の家具シリーズ、「栗乃舎」
栗の厚板を贅沢に使い、重厚感ある家具シリーズです。栗の木は、美しい木目と優しい手触りが特徴で、居心地の良い穏やかな空間を作り出します。
高級感のある漆仕上げと、ナチュラルカラーのオイル仕上げがあります。
会話が弾むダイニング、自然と人が集うリビング、本のサイズに合わせて作る上質な本棚、大容量の下駄箱など、ライフスタイルに合う家具作りをお手伝いします。

栗について

日本人は縄文時代から豊かな木材資源を用い、その特性を活かした使い方をしてきました。なかでも、栗は食用になるばかりでなく、水や腐敗に強いことに着目されて、古くから家の土台、屋根材、水回り、杭などの建築用材として活用されてきました。
近代になっても、鉄道の枕木や電柱など地味ではありますが、無くてはならない木材の一つでした。現代では、無垢のフローリング材として栗を利用する場合もあります。
1988年、石見銀山と栗の関係を知ったことが、工房で栗を扱うようになったきっかけです。毎年良材を選び、じっくりと天然乾燥させて制作にはいります。栗の美しさを感じていただける家具を制作しています。
栗は明るい色味の木肌で、いつまでも触っていたくなる手触りの良い木材です。丈夫で耐久性が高いことは栗の特質です。
私たちは地域の歴史と風土に磨かれてきた栗材の魅力に、時代にふさわしい用途とデザインを加えることで、今の暮らしのお役に立ちたいと考えています。

日本人と栗

三内丸山遺跡(約5500年〜4000年)から直径1mの栗の木柱が6本出土し、縄文時代に栗を利用した建物が存在していたことがわかりました。三内丸山遺跡には数百人の集落があったと考えられています。一般住宅だけでなく、巨大な竪穴建物の建設にも栗は利用されており、広範に大量に使われていました。それは栗の木材資源が潤沢であったことを示しています。三内丸山遺跡の花粉分析結果から、栗の栽培が長期にわたり行われていたことが判明しました。栗は食用としても建築材としても縄文人にとって非常に重要なものでした。
明治に入り、鉄道が全国くまなく敷設されるようになると、栗は枕木の材料としてなくてはならない木材になります。また、電柱に用いられることもありました。島根県の石見銀山周辺の栗林もその際に活用され、石見銀山の坑道が徐々に閉鎖される一方で、栗林は新たな役目を果たしました。一般の民家にとっても、栗材は家の土台として、欠かせない素材でした。現在は、栗の枕木や電柱はなくなり、コンクリートになりましたが、昔から日本人の身近にあった木材です。

〈参考文献〉
鈴木三男 2016 『クリの木と縄文人』 同成社

石見銀山と栗の揺り盆

島根県の「石見銀山」も栗と深い関わりを持っています。江戸時代、石見銀山にて栗は大切な役割を果たしていました。鉱山を掘り進めるためには、常時流れる地下水との戦いを克服しなければなりません。栗材はこの坑道の杭(トメギ)として大量に使われてきました。
しばらくすると、大量に栗を使用することにより、石見地方で栗材が枯渇します。そのため、代官所と農民が協力し、50ヘクタールに及ぶ栗林を作りあげています。最初の植林の苗が2万本といわれ、まさに官民あげての植林を実行しました。
石見銀山が世界中の他の鉱山遺跡と違い、森林の再生という環境への配慮をしていたことも世界遺産に指定された理由であったと聞いています。
栗材は坑道の杭ばかりではなく、鉱石を分離させる水簸作業で使う揺り盆(ゆりぼん)にも必要不可欠な材料でした。栗は、屋根、土台、玉じゃくしなど、様々な建築資材や生活用具、生産の道具を支えてきました。こうした揺り盆や玉じゃくしは、山々を渡っていく木地師たちにより供給されていました。
腐敗に強く丈夫な栗材は美麗な木目と相まって、建築や生活用品に活用されてきました。

〔 作品紹介 〕

  • 〔 栗 〕銘木テーブル 一枚板樹齢経て美しい杢を持つ木材や、めったに見られない巨木から得られる板には、たぐい稀な存在感があります。大切な銘木の価値を見出し、次代へ受け継がれるテーブルを心を込めて制作します。
  • 〔 栗 〕囲炉裏テーブル家族だんらんの時間を大切にしたい。そんな時囲炉裏テーブルは食事を囲む時間を豊かに演出します。囲炉裏にはカセットコンロやIH調理器を収納可能。鍋の位置が低くなるため、使いやすくお食事が快適になります。
  • 〔 栗 〕シンプルテーブルテーブルの長手に皮辺の雰囲気を残し、大木の風合いを感じるテーブルです。十数年後、必要に応じて、座卓の脚を追加で作り、付け替えることもできます。
  • 〔 栗 〕和室テーブル正座はつらいというお声から生まれたテーブルセットで、畳の上に置けるように脚を工夫しています。テーブルと椅子の高さを通常より低くし、座卓に集う目線に近づけています。
  • 〔 栗 〕座卓座卓を囲むと人との距離が自然と近くなり、打ち解けて話せる雰囲気が生まれます。栗の丈夫で美しい座卓です。サイズオーダー対応。
  • 〔 栗 〕どこでもシェルフ(本棚)栗の無垢材を使ったオープン本棚です。飾り棚として、見せるインテリアとしても効果的です。「どこでも」置けるスリムな奥行きです。上2段の棚板は可動式でお好みに合わせて高さを変えることができます。
  • 〔 栗 〕引出テーブルテーブルの上はどうしても散らかりがちなもの。そこでダイニングテーブルに引出があると、ランチョンマットやカトラリー、読みかけの本、お子様の勉強道具などを収納できて便利です。
  • 〔 栗 〕テレビ台リラックスしてテレビを愉しむ、家族との時間を楽しむための空間を演出する栗のテレビボード。厚板の板を使った重厚感があるテレビ台です。寸法、ガラス戸、ガラスなし、引出有無など、ご希望に応じて作ることができます。
  • 〔 栗 〕下駄箱家具の中で、住む人、訪れる人が一番最初に見る家具は下駄箱かもしれません。サイズや仕様のオーダー対応あり。機能性はもちろん、栗材の美しさはインテリアに調和します。
  • 〔 栗 〕食器棚キッチンの中で必ず使う家具の一つは食器棚です。栗の無垢材を贅沢に使い、機能性と温かみのある美しさを備えた食器棚です。サイズオーダー対応。
  • 〔 栗 〕小さな椅子丈夫な栗を使った、シンプルで使いやすいスツールです。小さなテーブル、置き台としても使えます。安定感のあるしっかりとした座り心地です。
  • 〔 栗 〕手つきスツール座面の両側に付いた手すりが握りやすく、立ち座りしやすいよう設計しました。約60cmと幅を広く取っており、年代や性別を問わずゆったり使いやすいサイズです。
  • 〔 栗 〕ベンチ栗材を使ったシンプルなベンチ。テーブルに合わせて使うだけでなく、小さなテーブルとしても活用する方もあります。サイズオーダー可能。

0